ロレックスデイトナのオーバーホール料金は?修理工房と正規の値段の価格差は?

カテゴリ:ROLEX/ロレックス

ロレックスはその長い歴史の中で数々の名腕時計を発表していますが、ロレックスとモータースポーツとの係わりの深さを感じさせる名腕時計といえばデイトナの名前を思い浮かべる人は数多くいるはずです。

1963年にプロのカーレーサーのニーズに応えるべく開発されたコスモグラフデイトナはそのデビュー以来最高のパフォーマンスを道具に求めるモータースポーツの世界に真のアイコンとして君臨し、50年以上を経た現在もなおスポーツクロノグラフの最高峰として世界中のプロドライバーから絶賛の評価を獲得し、ロレックスマニアの憧れの的になっています。

その卓越した技術によって完璧に機能するタキメーターやストップウォッチなど、レーシングに必要な時計としての機能を満たしたデイトナはその複雑な構造から定期的なメンテナンスは必須事項となり、特にオーバーホールの重要性は名機の性能を維持するために必要不可欠なものです。

デイトナをすでに所有している人やこれから購入を考えている人にはオーバーホールの内容や料金、期間に関しては気になるところでしょう。

ここではロレックスデイトナのオーバーホールに関して確認や注意しなくてはいけないことを紹介していきますので、興味のある方は是非参考にして下さい。

また、こちらの関連記事ロレックスのオーバーホールの口コミの良い!おすすめな修理時計工房ではオーバーホールを行わないと、時計はどうなるのか何故定期的なメンテナンスが重要なのか、おすすめの修理専門店も含め詳しく紹介していますので合わせて参考にしてみてください。

PR

日本ロレックスの正規カスタマーサポートでデイトナをオーバーホールした場合の料金はどのくらいか?

日本ロレックス東京

ロレックスデイトナはその優れたムーブメントメカニズムによって時を刻む能力の他に速度を計測するタキメーター、タイムを計測するストップウォッチの性能を備えており、その精度は機械式腕時計の中でもトップクラスといえ、プロのレーシング現場でその実力を遺憾なく発揮しています。

この優れたムーブメントを維持するためには定期的なメンテナンスは必要不可欠なものであり、特にオーバーホールに関しては必須事項といえます。

日本ロレックス正規サポートにデイトナをオーバーホール依頼した場合には65,000円(税込)からになっており、一見すると高額な料金に感じますが、一例でドイツのゼニスエリートクロノグラフ2Bのオーバーホール料金が71,500円~になっていることを見るとモデルの価格から考えて決して高額ではなくむしろ良心的な料金であると考えられます。

当然ですがこの料金に関してはあくまでオーバーホールのみの料金になっており、作業の工程の中で修理作業や部品交換が行われた際には別途料金がかかってきますので、あくまで目安として覚えておいたほうが良いでしょう。

正規サポートでデイトナのオーバーホールを行った場合にはパーツ交換が必要になる場合が多い

デイトナパーツ交換日本ロレックス正規サポート料金

パーツ交換料金例
リューズ交換 9,720円
チューブ交換 5,500円
バネ棒交換 1,080円
バネ棒(バックル)交換 540円
内部部品交換 5,400円~

日本ロレックス正規サポートでのオーバーホール作業にはロレックス専門スタッフによる入念な検査と分解清掃・点検が行われ、磨耗の見られる部品や痛みのあるパーツに関しては部品交換が行われます。

この場合推定5年以上使用期間が認められるムーブメントに関しては何らかの部品磨耗や損傷が見れられる時期に当たりますので、特にデイトナのように歴史が古くヴィンテージモデルの多い機種になるとほとんどの場合部品交換が行われることになる場合が多いです。

理由としては日本ロレックスにとってパーツ交換は高利益を生む作業である事や、部品交換時期なのか部品を残しておくべきか判断をするくらいなら、部品交換を行い、常にベストな状態を保っておく必要があると判断される場合が多いという意図があります。

作業として主にかかってくるパーツ交換はリューズ交換やチューブ交換・バネ棒交換・内部部品交換等があり、特にデイトナのようにクロノグラフ機能を搭載しているモデルは、確実に部品交換が発生し防水検査や防水パッキンの交換等も入ってくるので、パーツ交換も含めてトータルで考えるとオーバーホールには80,000~110,000円前後の料金になる事を最初から予想しておいたほうが良いでしょう。

しかし日本ロレックスの正規サポートでオーバーホールされた機種に関しては技術保証として2年間の修理保証がついてきますので、特にデイトナのようなプレミアが付きやすく、特殊機能を持っているモデルに関してはありがたいサービスがついているのも正規サポートの魅力といえます。

日本ロレックス正規サポートにデイトナをオーバーホール依頼する場合に確認・注意するべきポイント

ロレックスのデイトナ 116500LNをデイトナ マラソンで購入

ロレックスの数あるコレクションの中でも権威あるコレクションに数えられるデイトナですが、元々はプロレーシングの世界で活躍するプロレーサーのニーズに応えるように設計されたまさにレーシングのための腕時計であり、有名なレース場を持つフロリダ州デイトナの名前がそのままネームになるという経路があります。

このロレックス唯一のクロノグラフモデルデイトナの歴史は1960年代初頭にさかのぼり、ロレックス初のクロノグラフRef.6238が誕生しプロトタイプとして普遍のスタイリングが完成しています。

ロレックスヴィンテージ、デイトナ

そして1963年、満を持して初代モデルRef.6239を発表しデイトナの名が冠されることになります。それから1960年代後半までにRef.6240、6241と手巻き式クロノグラフとして世界中で大ヒットを記録したデイトナは1970年代に入ってもRef.6262、6264と名機を生み続け、1980年代に入り手巻き式クロノグラフの最終型となるRef.6263、6265を発表し、このモデルの生産終了がデイトナ人気の引き金になります。

そして1988年には20世紀の最高傑作ムーブメントと称されるゼニス社製自動巻き通称エルプリメロをベースに開発したCal.4030を搭載したRef.116520を発表、このモデルはロレックスの悲願とも言える完全自社製自動巻きムーブメントCal.4130に結晶し、後にRef.116520に搭載されることになります。

そして開発特許を取得したセラミック製のモノブラックセラクロムベゼルを搭載したRef.116500LNを市場に投入、現在もクロノグラフウォッチの最高峰として君臨しています。

1963年の登場以来、50年以上の長い歴史に培われてきたデイトナコレクションですが、常に研鑽を積まれているモデルなのでモデル数も多く、すでにヴィンテージモデルとなっている機種もあり、その価値は上昇し続けており中古市場でもプレミア価格を付けています。

デイトナを日本ロレックス正規サポートにオーバーホール依頼する際に注意しなくてはいけない点として、日本ロレックス正規サポートには厳しい部品保管期間が設けられており、製造終了後25年を経過したモデルに関しては部品ストックが用意されていないので、初代モデルからCal.4030搭載のRef.116520の1995年製造までのモデルに関してはオリジナルパーツが存在しないので、現在日本ロレックス正規サポートにオーバーホールを依頼すると最新の部品に交換されてしまうため、オリジナルの価値を落とすことになるので、オーバーホールを依頼する際には注意が必要です。

腕時計修理専門店でデイトナをオーバーホールした場合はどのくらいの料金がかかるか

時計職人指サックをしてBERGEONベルジョンの機械代で油の注油

デイトナの場合、精巧なクロノグラフ機能を搭載しているためにオーバーホールには高度な技術を必要とするので、やはり日本ロレックス正規サポートに依頼するのが一番賢明ですが、ヴィンテージモデルのように正規サポートにオリジナルパーツがない場合や、予算的に難しい場合は、正規サポートよりも、融通の利く優秀な腕時計修理専門店に依頼するのも一つの有効な方法です。

では腕時計修理専門店でデイトナのオーバーホールを依頼した場合、料金はどのくらいになるのでしょうか。

修理店によって差は生じますが平均相場を見てみると48,500円~と格安になっており、正規サポートの半額程度になっています。

しかしこれもオーバーホールのみの料金になっており、修理作業や部品交換が生じた場合には別途料金がかかりますし、腕時計修理専門店の場合ロレックスを専門で修理を手がけているわけではないので、修理店によって技術的なばらつきがあるためロレックスに対しての知識や経験が豊富な修理専門店に任せるのが妥当といえます。

腕時計修理専門店にオーバーホールを依頼する場合には店舗の見極めが必要になる

腕時計修理専門店にデイトナのオーバーホールを依頼するには技術の高い、ロレックスの修理担当暦が長くロレックスに対する知識や経験値の豊富な技能士が在籍するのがおすすめです。

しかしなかなか店舗の見極めは難しいものがあるので、有資格者の在籍している腕時計修理専門店を探すのも一つの基準になりよい方法です。特に1級腕時計修理技能士の資格を持っている技能士は上級資格として登録されているので、安心度を測る目安になります。

しかし資格を取得しているだけではデイトナのように複雑な機能を持った腕時計には対応が難しいので、やはり修理担当暦やロレックスに対して造詣の深い技能士がいる修理店が理想といえます。

おすすめの修理専門店

やはりデイトナのようにクロノグラフ等の複雑機能を備えた腕時計をオーバーホールに出すには日本ロレックス正規サポートに依頼するのが賢明といえます。日本ロレックス正規サポートにオーバーホールを依頼するということは安心と信頼に対価を支払うことですので、高額なメンテナンス料金でもデイトナを預けることができるでしょう。しかし、ヴィンテージモデルやオリジナルの価値を落としたくない人にとってはオリジナルパーツのストックが多い腕時計修理専門店の方が良い結果が得られることもあります。

しかし、日本には腕時計修理専門店の数が多すぎて一体どこに依頼したらよい結果が得られるのか不安に感じている人も多いです。そういった場合にはこれから紹介する記事などは参考になりますので、興味のある人は是非一度覗いてみると良いでしょう。

特に記事一番下で紹介しているクラフトワーカーズは複数の時計修理専門会社から優秀な技術者を紹介しており技術者の修理担当暦や取得資格、所属会社まで公開していて本人に直接依頼ができます。

また、誰に依頼するか迷った場合でも複数の技能士に時計を送らずに纏めて見積りを頼むことができ、見積もり金額や納期に納得した技能士にオーバーホールを依頼することでき非常に便利です。

ロレックスデイトナのように複雑機能を持ち時計自体の価値が高い腕時計を正規サポート以外の腕時計修理専門店に依頼する場合には、本当に信頼のおける技能士の在籍する修理店にお願いするのがおすすめですので、修理店を選ぶ際には十分注意して選択するようにして下さい。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事