時計の修理代金って、いくらくらい?高いの?価格や値段をまとめてみた

カテゴリ:知識・雑学

時計が壊れてしまい、メーカーのサポートセンターや時計店で見積もりをとったところ、思っていた以上に高くて修理しようか悩んでいるって方多いと思います。

1万円で購入した時計でも修理すると5千円前後くらい掛かる事がよくあります。場合によっては買った値段より高くつくとい事もあります。

もう新しい時計を買った方が良いんじゃないかな、なんて思ってしまいますよね。

それも一つの手ですが、記念でもらった物や思い出がある時計なので直して、また付けたい と考える人も多いです。

時計やアクセサリーは日頃から身につけるので、生活の一部となり感情移入される方が多いです。

人によっては時計の修理の際、この傷は思い出があるから磨かないで下さいと言う人もいます。

PR

時計の修理料金はいくら?

時計の故障はブランドやタイプ、故障箇所で修理料金も変わってきます。

ここでは、メーカーの料金ではなく比較的安めに設定された、修理専門店の料金をまとめています。メーカーに依頼する場合は2〜4割増しと考えて頂いて問題ないです。

リューズの故障の場合

時計のリューズと竜頭と巻き真

リューズとは腕時計の3時位置についている突起部分です。

時計の針を進めたり、機械式時計の場合はゼンマイを巻きあげる部分でもあります。

リューズから巻き芯を通じて時計内部に繋がる部分で、腕時計を操作するためのハンドルになります。

普段から回す事も多い場所なので、汚れやすく故障も多い部分になります。

リューズの修理代金は部品代金を含め6,000円前後から、有名なブランドになると9,000円くらいからの料金になります。

リューズは使い方を間違って日付を変えていると、壊れてしまいます。こちらの記事時計の日付をあわしてはいけない禁止時間は?も参考にしてみて下さい。

ガラスが割れた時の修理

時計のガラス

腕時計の風防(ガラス)は時計の中でも面積が大きなパーツで、ぶつかりやすく、割れたりヒビが入りやすい場所です。

時計の風防には樹脂製、ミネラルガラス、サファイヤガラスの3種類が使われていて、修理料金はどのタイプの物を使っているのかで異なります。

樹脂製の場合は割れる事が少ないため磨き直し場合が多く、5,000円前後から、クリスタルガラスやサファイアガラスの場合は磨き直しが難しく交換対応になるため15,000円前後から設定されている所が多いです。

ガラスは割れてしまうと、湿気や、その破片がムーブメント(時計内部)に入りこんでしまい、2時災害をおこす事があるので気をつけましょう。こちらの記事時計のガラスにヒビが!割れた時の対処方を参考にしてみて下さい。

オーバーホール(分解掃除)が必要な修理

機械式時計の分解

リューズやガラスのように外からみて分かる故障もありますが、内部のムーブメントが故障している場合もあります。

この場合はオーバーホール(分解掃除)が必要になります。オーバーホールでは時計をパーツごとに分解し、そのパーツを清掃し、調整しながら組み上げ、精度検査を行いう作業です。

その中で故障箇所を発見し部品交換や修理を行います。

オーバーホールの料金はクォーツ(電池式)の三針時計で17,000円前後から、機会式時計の三針時計で25,000前後からとなりますが、ブランドや機構、依頼先で大幅に修理代金が異なります。

時計の修理は作るより大変

見ても分からない内部の故障を修理するには、何処に問題があるのか技術者が一度分解し故障箇所を見つける必要があります。

特に機械式時計は一連の動きが部品によって繋がっているので、何処かに問題がおきると別の場所で負荷がかかり、色々な場所で不具合がおきている可能性もあります。

難しい調整や部品の矯正が必要となる事も多く、製品を作るより故障箇所を見つけ正常に直す必要がある修理の方が困難な作業になります。

部品交換ですむ修理か、壊れた部分を作り直す修理かで料金が変わる

時計の修理には大きく分けて2つの方法があります。

1つは交換用の部品を手配し、故障や劣化した部分の交換をする方法です。

もう1つは、壊れた部分を作り直す修理になります。

交換用の部品を手配し直す方が安く済みますが、アンティークやヴィンテージといった古い時計の場合は交換用の部品がメーカーでは廃棄されてしまっている為、必要な部品を1から制作します。

必要な部品を1から制作する作業は、メーカーでは行なっていないため技術力がある優れた修理専門店に依頼する必要があり、高くつく事が多いです。

修理料金が高くなるか不安な方は故障した時計が現行品のなのか販売終了した時計なのか調べる

グランドセイコーのアンティークHI-BATE

メーカーの部品保有期間は、販売終了してから10年前後と決められています。

  • セイコー通常7年
  • グランドセイコー10年
  • クレドール10年
  • ガランテ10年
  • シチズン7年から10年
  • タグホイヤー10年から15年
  • ブライトリング10年
  • ロレックス10年

上記で説明した通り古い時計の場合は、交換部品がメーカーには無いので、必要なパーツを外部で制作する必要があるため修理料金が高額になる可能性があります。

壊れた時計の修理料金がいくらなの気になる方は、その時計が今も販売されていて、修理部品の用意がメーカーにあるのか確認する事をおすすめします。

おすすめの修理専門店

機械式時計の日差は平均値など精度計測機

こちらの修理工房は現行品でも古い時計でも、修理を行なってくれます。

価格もメーカーより2,3万円安く、修理が終わってからの品質保証が1年間あるので、安心して依頼できます。

国家試験である時計修理技師1級をもった技術者が丁寧に修理してくれるので、こちらの記事も参考にしてみてください。

こちらの記事、時計のオーバーホール本当におすすめの2つの修理店を参考にしてみて下さい。

価値は価格だけではないので大切な時計であれば、是非修理してまた使ってください。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事