ロレックスミルガウスのオーバーホール料金は?修理工房と正規の値段の価格差は?

カテゴリ:ROLEX/ロレックス

腕時計の王様といわれて久しく、腕時計の王道を歩み続けているロレックスですが、長い歴史の中でいくつもの名品を生み出し、マニアの心を掴んで話しません。その中でも1,000ガウスという高い磁場に耐えられる当時の技術では革新的な、そして現代の世の中にこそ求められているモデルにミルガウスというモデルがあります。

ロレックスミルガウス

特殊性の高いモデルでもあるので、オーバーホールにはどのくらいの料金がかかるのか興味のあるところです。

これからミルガウスをオーバーホールしたいと考えている人に参考になる情報をまとめましたので、是非参考にして下さい。

PR

日本ロレックス正規カスタマーサポートでミルガウスをオーバーホールした場合の料金

日本ロレックス東京

ロレックスミルガウスの場合、高度な耐磁性能を持っている関係上、オーバーホールには気を遣うタイプになりますので、日本ロレックス正規カスタマーサポートへ依頼するのが堅実な方法になり、料金は現行モデルRef.116400GV等の場合でも53,460円~となっており、3~5年に一度のスパンで点検・整備のためにオーバーホールの必要があります。

一見すると高額な料金に感じますが、オメガなどではシーマスター自動巻きで63,800円~、IWCでもマークシリーズパイロットウォッチ自動巻きが70,400円~といった料金になっているのを見ると決して割高な料金ではなく、むしろ良心的な料金設定といえます。

しかしこれはオーバーホールのみの料金であり、もし修理作業やパーツ交換が必要になった場合には別途料金がかかりますので、最低限の目安としておいたほうが良いでしょう。

正規サポートでのオーバーホールに関してはパーツ交換が必要になる場合が多い

ロレックスミルガウスパーツ交換料金

パーツ交換料金例
リューズ交換 9,720円
チューブ交換 5,500円
バネ棒交換 1,080円
バネ棒(バックル)交換 540円
内部部品交換 5,400円~

ロレックスの場合ほとんどのモデルに当てはまりますが、部品構成5年以上使い込んだモデルなどは、大抵パーツ交換が必要になってくるので、基本料金のみで収まることはまず無いといえるでしょう。

理由としては日本ロレックスのパーツ交換のによる利益が大きいことや、保証をつける以上部品交換をするほうが手近な方法で良好な状態にできるためです。

主にかかってくるパーツ交換にはリューズ交換やチューブ交換・バネ棒交換・内部部品交換等がありますので、パーツ交換も含めてトータルで考えるとオーバーホールには60,000~100,000円前後の料金になる事を最初から予想しておいたほうが良いといえます。

しかし日本ロレックス正規サポートでオーバーホールした場合には2年間の修理品質保証がつきますので、アフターサービスが行き届いており安心してオーバーホールを依頼できるのも正規サポートならではの魅力です。

アンティークやヴィンテージモデルのミルガウスの場合には日本ロレックス正規サポートでオーバーホールしないほうが良いこともある

ロレックスミルガウス

via forum.watch.ru

ミルガウスは1956年の誕生から現在まで現行として活躍している人気の高いモデルで、これまでに幾度かマイナーチェンジが行われ、ガラス素材や文字盤カラー、針のデザインなどに変更が行われて、製造時期によって細かく違いがあります。

ミルガウスの初代モデルが発表になったのは1954年でRef.6541となり、通称イナズマ針と呼ばれる秒針が特徴でミルガウス用に開発された耐磁キャリバーCal.1605Mが搭載されており、1960年代初期まで生産が続きます。

次に発表されたセカンドモデルが1960年代~1988年まで生産されたRef.1019でイナズマ針が廃止され、デザインが一新されました。それから19年にわたってミルガウスの新モデルは影を潜めますが、2007年に新モデルを発表し、それが現行モデルとなるサードモデル Ref.116400です。

Ref.116400はデザインはセカンドモデルを継承し、初代モデルのイナズマ針が復活します。Ref.116400は防水性能が50mから100mにグレードアップされ新開発のパラクロム製ヒゲゼンマイの採用で耐磁性も強化されています。Ref.116400はアニバーサリーモデルのRef.116400GVと共に現行の最新ミルガウスとしてラインアップされています。

また現在ヴィンテージになっているミルガウスなどの場合にはオーバーホールに出す場合多少のリスクが伴ってきます。日本ロレックスではオーバーホールの際に部品交換が生じた場合には交換された部品の返却はされず、回収されて新しい部品に交換されるようになっています。

部品ストックについては現在は最新のものがストックされているので、ヴィンテージになっているミルガウスの場合は製造された当時のパーツがなくなっている場合があります。こういった際には部品ストックがある最新のパーツに交換されてしまいますので、当時の状態に復元することができない可能性があり、オリジナルとしての希少価値は下がってしまうことになります。

特にロレックスのマニアにはオリジナル製を重視する人が多くいるので、使用している状態のまま保ちたい他人には日本ロレックス正規サポートに出すよりも、融通の利く腕時計修理専門店に依頼したほうが良い場合もあり注意が必要です。

現在製造されているミルガウスはRef.116400とRef.116400GVの2種類のみですので、それ以外の型番のミルガウスに関してはオリジナルを保ちたい場合、正規サポートに出す際は注意が必要になります。

注意点としてロレックスの場合は部品保有期間が販売終了してから25年になっており、1988~1991年に生産終了しているロレックス・ミルガウスRef. 1019, circa 1980や1972 Bookletロレックス・ミルガウスRef.1019等の現行品から前のモデルに関しては、パーツ製作が中止になっています。

ミルガウスのヴィンテージ時計の修理をするのであれば、パーツ制作ができる時計修理専門店か当時のパーツをデットストックで持っている修理店のいずれかになるので、オーバーホールを依頼する際には注意しなくてはなりません。

腕時計修理専門店でミルガウスをオーバーホールした場合はどのくらいの料金がかかるか

ミルガウスは優れた耐磁機能付き腕時計でもありますが、構造上は通常の3針なので大抵のロレックスを扱う腕時計修理専門店で受付してくれます。

しかし耐磁性能のことを考えるときちんとした実力を持った腕の良い修理専門店に依頼したいところです。腕時計修理専門店にミルガウスのオーバーホールを依頼した場合、料金的にはどのくらい違いがあるのでしょうか。

もちろんオーバーホールのみの料金になりますが、腕時計修理専門店でミルガウスをオーバーホールすると23,000円~と格安でオーバーホールが受けられます。正規サポートの半額以下になりますので非常にお得な料金設定です。

腕時計修理専門店でも当然交換が必要なパーツに関しては部品交換されることになりますが、その際大きく異なる点は腕時計修理専門店の場合、ロレックスの純正パーツを持っているかどうかは店舗によって違いがあります。

ロレックスの修理やオーバーホールの純正パーツ部品

パーツが無い店舗の場合には代用としてジェネリックパーツが使用されることになり、純正部品にこだわる人には大きなネックになります。しかし逆にメリットとしてありえるのが、純正のヴィンテージ部品をストックしている店舗も数少ないですが存在するということで、ヴィンテージモデルなどはオーバーホールの際に部品の融通が利くことがありますので、注文が付けやすくオリジナルの状態を維持できる可能性がありますので、こういった点に関しては腕時計修理専門店に依頼するメリットといえます。

腕時計修理専門店にオーバーホールを依頼する場合には店舗の見極めが必要になる

腕時計修理専門店にロレックスの腕時計をオーバーホールに出す場合には、修理店のどこに出したらよいのかという選択も大きな課題になってきます。

理由としてわが国日本には相当な数の腕時計修理専門店が存在し、規模や技術の差も大きく依頼する場合には高い技術を持った修理店に依頼したいものです。しかしせっかくオーバーホールしてもらっても精度の向上がなかったり、トラブルが起きてしまってはいくら料金がお得でも意味が無いですので知識や点検技量がある修理技能士に頼むのがおすすめです。

特別な資格等が無くても腕時計修理専門店で勤務することは可能ですが、技能士には国家資格が取得できるようになっていますので、資格取得者のいる腕時計修理専門店に依頼することは一つの選択肢として十分にありではないでしょうか。腕時計修理技能士の資格には3級から1級まで用意されており、特に1級技能士は取得資格として実務経験7年以上か、3級合格後4年の実務経験、2級合格後2年の実務経験の技能士でないと受験できません。資格取得者は上級技術士として登録されるので、耐磁機能など精密な構造を持つミルガウスをオーバーホールに出す際の基準に十分なるでしょう。

おすすめの修理専門店でオーバーホールを

時計職人指サックをしてBERGEONベルジョンの機械代で油の注油

日本ロレックス正規サポートにオーバーホールを依頼することは、料金は高額ですが安心と信頼度に対価を支払うことです。

そういった意味では正規サポートにオーバーホールを依頼することがおすすめですが、予算の関係やオリジナルにこだわる人、ヴィンテージなのでパーツ交換をなるべく避けたい場合などには腕時計修理専門店に修理を依頼することは一つの手段としてよい方法です。しかしどの腕時計修理専店に預けたらよいか悩んでいる人も多いでしょうから、こちらの記事がその参考になりますのでチェックしてみてください。

特に記事一番下で紹介しているクラフトワーカーズは複数の時計修理専門会社から優秀な技術者を紹介しており技術者の修理担当暦や取得資格、所属会社まで公開していて本人に直接依頼ができます。

依頼する側は複数の技能士に時計を送らずに見積りを頼むことができ、見積もり金額や納期に納得した技能士にオーバーホールを依頼することが可能です。

メンテナンス終了時から1年間の動作保証もつきますし、オメガの純正部品を使用してもらえるのでおすすめです。

是非この機会に本当に優秀な技能士との出会いを見つけて質の良いオーバーホールを体験してみてください。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事