時計の裏蓋が閉まらない。そんな時は家にある物で閉めれるかも!

カテゴリ:お役立ち・サポートケア

時計の裏蓋を開ける事はできたけど、閉められないで困ってしまったって方は多いです。

最近は100均で裏蓋を開ける道具が売っているので、チャレンジしす人が多いです。初めて裏蓋を開けてムーブメント(時計の中身)を見ると、ちょっとした感動がありますよね。

裏蓋は単純に指で押し込めば閉りそうですが、意外に硬くて閉まらなくないですか。

この記事が裏蓋が閉まらないで困っている。これから裏蓋を開けようと思ってるけど、閉め方を理解してから開けたい。そんな方に参考にしてもらえたらと思います。

PR

裏蓋の種類で閉め方が異なる

時計の裏蓋の種類、防水ねじ込み式裏蓋スクリーバーックと、ダニエルウェリントンこじ開け裏蓋とカシオのG-SHOCKねじ式の裏蓋

裏蓋は特殊なものでない限り大抵この3つの種類になります。

  • スクリューバック裏蓋
  • はめ込み式(こじ開け)裏蓋
  • ネジ式裏蓋

おそらく、裏蓋が閉められないで困ってる人は、はめ込み式の裏蓋のものだと思います。

こちらの記事では3種類異なった裏蓋の開け閉めをして電池交換をしています。時計の電池交換は自分でできるの?必要な工具ややり方は?気になる方参考にしてみてください。

はめ込み式の裏蓋の閉め方

はめ込み式の裏蓋は腕時計の中で最も多く使われてるタイプの裏蓋です。

はめ込み式裏蓋のサイズは色々ありますが、仕組みはみんな一緒です。

はめ込み式の時計の裏蓋を閉める

赤い印のにオープナーを入れる部分があります。この隙間がある裏蓋は、すべてはめ込み式の裏蓋です。

裏蓋を開けると、こんな感じです。

はめ込み式の時計の裏蓋を開ける

これが、はめ込み式の裏蓋です。

時計のはめ込み式裏蓋の閉め方

まわりに黒いゴムがついてるのが分かると思いますが、これは湿気や水から時計のムーブメントを守っているパッキンという大事なパーツなので、劣化や切れてしまっているようでしたら、取り替える必要があります。

そのまま、裏蓋を閉めると耐水性が弱いので、湿気が中に入ってしまい内部が錆びる可能性があります。

パッキンは消耗部品なので、電池交換やオーバーホール(分解掃除)のタイミングで交換される事が多いです。ゴム製なのでいつかは劣化してしまいます。

裏蓋を開ける時に切ったり破損させてしまった方は、時計店にて交換してもらう事をおすすめします。

裏蓋は指で押しても、なかなか閉まらない

時計裏蓋の閉め方

裏蓋を、はめ込む穴の径は隙間なく、ぴったりとしたサイズで作られているので指で押したくらいでは、なかなか閉まりません。

しっかりと並行に押し込み裏蓋を閉める必要があります。

家にある物で時計の裏蓋を閉める

本来は、はめ込み式の裏蓋閉め器を使うのが良いのですが、100均では売ってないし持っていないって方の方が当然多いと思います。

そんな時は木材やプラスチックの塊を使っても裏蓋を閉める事はできます。

例えばこのような面があるプラスチックを使います。

時計の裏蓋を、家の物で閉める

裏蓋や時計のガラスに傷がつかないように、クロスで包んでから裏蓋を押し込みます。

時計の裏蓋の閉め方

裏蓋の全面に力が入るような大きさの物が良いです。

グッと押し込むと裏蓋が、パッチンっとハマります。完全に自己流で力技なので、試してみる方は自己責任でお願いします。特にガラスがケース(本体)から盛り上がって外へ出てる時計や、ガラス全体が丸みを持っている物は、ガラスに力が掛かって割れる可能性もあるので、このやり方はおすすめできません。

時計の裏蓋の閉め方

隙間が無くしっかりしめれているのか確認したら終了です。

裏蓋閉め器の使い方

時計の裏蓋閉め器の使い方

裏蓋閉め器は時計本体を下で固定して、上からコマを押し込んで裏蓋を閉めます。

時計本体を支える台座と、裏蓋を押すコマのサイズを決めます。

時計の裏蓋閉め器

選んだコマを裏蓋閉め器に取り付けます。

時計をセットしレバーを下ろすと上のコマが降りてきて裏蓋は閉まります。

時計の裏蓋閉め器の使い方

特に難しい事はなく、とても簡単です。

時計の裏蓋閉め器の使い方

まれに、半分だけ閉まって固定されて閉まっている事があるので裏蓋がしっかり閉まっているかチェックして終了です。

裏蓋閉め器は結構やすい

時計職人が使う裏蓋閉め器は、しっかりしていて高額な物が多いですが、私のように趣味で時計の裏蓋を開けたり閉めたりする人には、千円台の物でも良いとおもいます。

この裏蓋閉め器でも十分に使えます。時計の裏蓋閉め工具・時計裏蓋挿入器この他にも、同じ店でもっと安い物の販売しているので参考にしてみてください。

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

カテゴリー

Tag

同じカテゴリの記事